モバイル空間統計

防災計画

モバイル空間統計を活用することで1時間毎の人口推移を把握することができます。いつ、どこに、どこから来た人がどれくらいいるのか、という情報を整理しておくことで、備蓄品の整備や被害想定など防災計画を効率的に策定することができます。

防災計画

帰宅困難者対策の検討

帰宅困難者対策の検討

メリット

  • ・時間、場所問わずに帰宅困難者の推計が可能

  • ・エリア毎の備蓄量を明確に決定

背景

帰宅困難者の推計をするには、どこにお住まいの方が日中どこにいるのか、という情報が必要になりますが、これまでの統計情報は住所や勤務先に基づいた静的な人口データのため、帰宅困難者の正確な推計が非常に困難でした。

活用効果

防災計画を策定する上で、災害時の帰宅困難者数を推計することは全国の共通課題です。モバイル空間統計でエリア毎の人口を居住地別に分析をすることで、自宅までの大よその距離を把握することが可能になり、そこから帰宅困難者数を推計することが可能になります。
エリア毎、時間帯毎の詳細な帰宅困難者数を把握することで、備蓄品の配備計画等にも活かせることができます。

活用したアウトプットデータ

活用サービス

災害時の被害想定検討

災害時の被害想定検討

メリット

  • ・全国のメッシュ別人口を把握

  • ・過去のデータを遡り災害時の状況を分析することが可能

背景

災害時における人口規模の被害想定の精度を高度化するには、エリア毎のに分布している人口を時間帯毎に把握する必要がありますが、昼間人口については買い物客や観光者など一時的な流入が発生するエリアも多いことから、既存の統計情報では正確な推計が困難でした。

活用効果

モバイル空間統計は500mメッシュ単位(一部地域は250mメッシュ単位)で全国の人口を24時間把握することができます。そうした情報を事前に把握しておくことで、日本全国どのエリアにおいても、自然災害(台風、地震、津波等)が発生した時にどれだけの被害が想定されるのかという分析の基礎データとして活用することが可能となり、事前対策の検討に活かせることができます。

活用したアウトプットデータ

  • 全国の人口分布(昼間&夜間)
    全国の人口分布(昼間&夜間)

    全国どこでも人口分布の様子が把握することが可能で、時間毎に発災時の被害想定を検討することができます
    【画像引用:© OpenStreetMap contributors】

  • 地域の人口分布(昼間&夜間)
    地域の人口分布(昼間&夜間)

    同じエリアでも時間帯によって人口集中の様子が異なるため、被害想定を正確に行うことができます
    【画像引用:© OpenStreetMap contributors】

活用サービス

ページトップ