モバイル空間統計

イベント分析

モバイル空間統計は特定のエリア、特定の時間帯に限定して人口を推計することができるため、全国各地で行われるイベントの特長を把握することが可能です。

イベント分析

大型施設でのイベントの効果測定

大型施設でのイベントの効果測定

メリット

  • ・来場者の特長を一度に分析

  • ・既存データを補完することで分析を高度化

背景

野球場や大型ホールで行われるコンサート等のイベントにおいて、来場者の把握はファンクラブ(会員)サイトからチケットを購入された場合のデータに限定され、それ以外の来場者に関する情報についての取得は困難でした。

活用効果

モバイル空間統計を活用することで、イベント会場における来訪者がどんな人(性・年代別の分計)で、どこ(居住地別の分計)から来ているかという情報を把握することができます。会員情報だけでは把握しきれなかった来場者全体の情報を把握することで、次回イベント時のプロモーションにつなげることも可能になります。

活用したアウトプットデータ

  • イベントエリアの性年代構成
    イベントエリアの性年代構成

    イベント参加者の性年代構成を把握することで、イベント内容の検討・見直し等に活用できます

  • イベントエリアの来訪元
    イベントエリアの来訪元(市区町村別&都道府県別)

    イベント参加者の居住地情報を分析することで、プロモーションエリアや開催地の検討ができます
    【画像引用:© OpenStreetMap contributors】

活用サービス

地域イベントの効果測定

地域イベントの効果測定

メリット

  • ・どんな場所でも人口推計が可能

  • ・時間別の増減傾向を把握して各種対策へ活用

背景

地域のお祭りや花火大会など、屋外で行われるイベントについては、人の増減や入れ替わりも大きく、人数の把握自体が非常に困難でした。

活用効果

モバイル空間統計は日本全国500mメッシュ単位(一部地域は250mメッシュ単位)で人口の増減を1時間単位で把握することができます。
イベントが行われているエリアにおいて、何時にどれくらい人が来訪してくるのかという情報を把握できるため、各種イベントの効果測定も簡単にすることができます。また、どこから人が来訪するのかという傾向を把握することで、警備体制や交通規制の計画にも活かすことが可能です。

活用したアウトプットデータ

活用サービス

ページトップ