モバイル空間統計

観光客分析

エリア毎の人口を居住地別に分計することで外部来訪者の数を把握することができます。また、訪日外国人の数も推計することができるので、全国各地の観光客数がどのように推移しているのか、どこから来ているのか等を分析できます。

観光客分析

観光客向けプロモーションエリアの検討

観光客向けプロモーションエリアの検討

メリット

  • ・観光客の来訪元エリアを網羅的に把握

  • ・ターゲットを合わせた施策内容を検討可能

背景

これまでは、観光エリアに来訪する観光客がどこから来ているのかという情報を正確に把握する方法が無く、誘致のためのプローモションを実施するエリアについても、それらの根拠に基づいた選定が困難であり、非効率でした。

活用効果

観光地エリアをモバイル空間統計で分析することで、そこに集まる人(観光客)がどこから来ているのか、どんな人が来ているのかを把握することができます。プロモーションを実施する連携先の自治体や観光施設の選定に加えて、ターゲットに合ったプロモーション内容を検討することができます。

活用したアウトプットデータ

DMO分析

DMO分析

メリット

  • ・継続的なモニリング調査が可能

  • ・PDCAサイクルの基礎データとして活用

活用効果

DMOの役割として各種データの継続的な収集・分析が求められていますが、24時間365日データを蓄積しているモバイル空間統計であれば継続的に観光地の状況をモニタリングしていくことができます。定量分析、移動分析、分布分析など、さまざまな視点でデータを見ていくことで有効な施策の検討とその評価を実施し、PDCAサイクルを回していくことが可能になります。

活用したアウトプットデータ

ページトップ